セミナータイトル
Yappli オンラインセミナー企画
能動的に参加したくなる“カラクリ”がそこにある
人が集まる
メカニズムを解く
2022年9月14日(水)13:00-15:00
※見逃し配信 9/21(水)まで
オンラインセミナー
申し込み
能動的な市民とともに街を活性化させ、より豊かにしていくこと、ブランドへの共感や信頼を生み、消費行動や、時には商品開発に消費者を巻き込むこと。

興味関心を持たせることは、まちと市民の関係性においても、企業と消費者の観点においても、最も重要なことであり、
プロジェクトやブランドの成功において必要不可欠です。
しかしながら、「誰かを動かすこと」は一筋縄ではいかず、一度動いたプロジェクトがペンディングしてしまったり、
届けたい消費者にメッセージが届かずに終わってしまうこともしばしば。

本セミナーでは、「コミュニティ」というキーワードを深堀します。
コミュニティデザインとはどのような概念か、どのような時にコミュニティは活性化され、また、沈静化してしまうのか。

企業と消費者コミュニティを形成し、ファンという概念を超え、ブランドを成長させる当事者として伴走していくにはどうしたら良いか、
そして地域コミュニティという大きな集合において、関係人口を増やすために、どのような取り組みがあり、
デジタル(アプリ)がどのように寄与しているのかなど、詳しくお話を伺います。

タイムスケジュール

  • 13:00〜13:30
    基調講演
    小さな「参加」は大きな一歩
    〜コミュニティデザイナー山﨑氏に学ぶ、人を動かす仕掛けづくり〜
    株式会社 studio-L 代表取締役 山崎 亮 氏
  • 13:30〜14:10
    コミュニティ × 企業
    ファンマーケ先駆者のヤッホーブルーイングがいま、考えていることとは
    〜人々の「熱狂」はどこから生まれ、どこに集まっているのか〜
    株式会社トライバルメディアハウス ソーシャライズデザイン部 チームリーダー 高橋 遼 氏
    株式会社ヤッホーブルーイング よなよなピースラボ(CRM設計・CXデザイン部門) ラボ長 佐藤 潤 氏
  • 14:10〜14:15
    休憩
  • 14:15-14:55
    コミュニティ × 地域
    人が人を呼ぶ
    「神戸市」の実例と、届けたい人に情報が届くワケ
    神戸市 チーフ・エバンジェリスト 栗山 麗子 氏
  • 14:55〜15:00
    次回セミナー案内、ヤプリサービス紹介

セッション概要※プログラム・内容は変更になる可能性があります。

  • セミナータイトル
    コミュニティデザインの概念
    小さな「参加」は大きな一歩
    〜コミュニティデザイナー山﨑氏に学ぶ、人を動かす仕掛けづくり〜
    ひとりひとりが楽しく気軽にまちと関われる社会は、どうすれば実現できるのか。そして「参加」を通して、何が変わるのか。一度の盛り上がりで終わらせるのではなく、「持続性のある」コミュニティは果たしてつくれるのか?
    本セミナーでは、全国各地から引く手あまたのコミュニティデザイナー山﨑氏にご登壇いただき、その問いにお答えいただきます。
    申し込み
    • takenaka
      株式会社 studio-L
      代表取締役
      山崎 亮 氏
      studio-L代表。関西学院大学建築学部教授。コミュニティデザイナー。社会福祉士。 1973年愛知県生まれ。大阪府立大学大学院および東京大学大学院修了。博士(工学)。
      建築・ランドスケープ設計事務所を経て、2005年にstudio-Lを設立。地域の課題を地域に住む人たちが解決するためのコミュニティデザインに携わる。まちづくりのワークショップ、住民参加型の総合計画づくり、市民参加型のパークマネジメントなどに関するプロジェクトが多い。
      著書に『コミュニティデザインの源流(太田出版)』、『縮充する日本(PHP新書)』、『地域ごはん日記(パイインターナショナル)』、『ケアするまちのデザイン(医学書院)』などがある。

      ● 著書一覧はこちら ● YouTubeチャンネルはこちら
  • セミナータイトル
    コミュニティ × 企業
    ファンマーケ先駆者のヤッホーブルーイングがいま、考えていることとは
    〜人々の「熱狂」はどこから生まれ、どこに集まっているのか〜
    「広く浅く、多くの人に」から「熱狂的ファンを突破口に拡散」へ。いくら「いいね」を集めても、そこに「熱」がなければ意味はない。その重要性に気づいた人たちがいます。
    本セミナーでは、『熱狂顧客戦略』の著者であり、2015年から熱狂ブランドマーケティングを推進してきたトライバルメディアハウス 高橋 遼 氏と、日本中のビールファンに幸せを届けるためにさまざまな取り組みを行っているヤッホーブルーイングのよなよなピースラボ ラボ所長の佐藤潤 氏にご登壇いただきます
    お客様に共感され、熱烈なファンとして愛されるための企業のお作法や、上手い関係を築くための軸となる思考法、そして19年連続で増収するヤッホーブルーイングのベストプラクティスから「ヒント」を探ります。
    申し込み
    • takahashi
      株式会社トライバルメディアハウス
      ソーシャライズデザイン部
      チームリーダー
      高橋 遼 氏
      広告会社を経て、2010年トライバルメディアハウスに入社。企業のマーケティング戦略構築およびプロモーションプランニング、実行に従事。
      これまでに大手航空会社、ファッションブランド、 スポーツブランド、化粧品ブランド、飲料メーカーなどを担当。2020年にヤッホーブルーイング エア社員に就任。 著書に『熱狂顧客戦略』。
    • sato
      株式会社ヤッホーブルーイング
      よなよなピースラボ(CRM設計・CXデザイン部門)
      ラボ長
      佐藤 潤 氏
      2000年にカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)に新卒入社。インターネット事業部にて事業の立ち上げや、インターネット事業部の宣伝責任者などに従事。
      2012年にヤッホーブルーイングに中途入社。通販部門・プロモーション部門・ファンベースマーケティング部門の部門長を歴任。現在はCRM設計・CXデザインを探求する部門にて、オンライン・オフライン問わないファンとのコミュニケーション施策の企画や運営に携わる。著書に『ヤッホーとファンたちとの全仕事』(日経BP)
  • セミナータイトル
    コミュニティ × 地域
    人が人を呼ぶ
    「神戸市」の実例と、届けたい人に情報が届くワケ
    「首都圏における神戸関係人口創出」「神戸への流入人口創出」というミッションを持った、神戸市のエバンジェリスト栗山 麗子 氏。地域や社会の課題解決のプロセスにビジネス的な視点を取り込み、より効率的かつ持続可能な事業にするために、あらゆる取り組みをスピーディに推進するイノベーターです。 本セミナーでは、そんな栗山氏にご登壇いただき、地方自治体がその地域の魅力を発信し、興味を持ってもらうためにはどのような施策ができるのか、アイデアの生み出し方から、それらを認知拡大するためにはどのような取り組みが有効か、実例を踏まえてお話いただきます。
    申し込み
    • kuriyama
      神戸市
      チーフ・エバンジェリスト
      栗山 麗子 氏
      大手食品メーカーを経て、2019年10月に入庁。東京駐在。前職での商品開発、マーケティング、事業開発等の幅広い経験と人脈を活かし、首都圏プロモーションを中心に活動中。
      得意分野は企画とPR で、国内最大級テレビ通販での部門1位獲得やその他一般チャネルでのロングヒット商品開発などの実績を持つ。
    • kanda
      株式会社ヤプリ
      マーケティング部
      神田 静麻
      新卒で不動産業での新規営業、IT企業で営業、カスタマーサクセスを行い、2016年に創業期のヤプリへインサイドセールス部の立上げで参画。
      EC、小売、メーカーを中心に幅広く自社アプリの提案を進め、累計2000以上の商談を創出。同部のマネジメントを経て、2021年に現職に。

セミナー概要

  • 日程
    2022年9月14日(火) 13:00-15:00 ※見逃し配信 9/21(水)まで
  • 会場
    オンラインセミナー
  • 参加費
    無料
  • 受講対象者
    ・コミュニティデザイン、地方創生、地域活性に興味のある方
    ・ファンマーケティング、顧客接点強化に関心のある方
    ・企業のマーケティング・PR・ブランディング担当者全般
    ・アプリ開発に興味のある方
    ※ 主催企業と事業が競合する企業からのお申し込みは、お断りする場合があります。
  • お問い合わせ
    株式会社ヤプリ
    ヤプリセミナー事務局
    [email protected]

お申し込み

広告をブロックしているとフォームが表示されないことがあります。お手数ですが表示制限を解除してから再読み込みをお願いいたします。